2011年12月31日

第3回放送は田辺・新宮勢揃い

やりこむラジオ3回目は大晦日の放送でした。

今回は、田辺支局「感謝感激アカシです!」の

パーソナリティ松原燈(まつばら・あかし)さんと
ラジオカーのキヨちゃんこと山下博美(やました・ひろみ)さん!

s-Akashi&Kiyo.jpg

新宮と同じように被災した
田辺の当時の様子を振り返ってもらいました。アカシさんもキヨちゃんも
被災直後の田辺市内の取材やリポートを担当。

深層崩壊による伏菟野(ふどの)地区の土砂崩れ現場、
行方不明者名簿を片手に
「どうか無事に出てきて欲しい」と
リポートをしながらひたすら祈り続けたというキヨちゃん。

その後、平時の明るさを取り戻すまで時間がかかったというが、
被災者に「頑張らなくていい、でも諦めないで欲しい」と
念を込めて喋り続ける事を使命に、今はマイクに向かっていると語ります。

被災直後の日高川町美山地区の浸水住宅の住民にマイクを向け、
強い拒否反応があったというアカシさんは、
この経験をもとに、単に被害状況だけを喧伝するのではなく、
刻々と変化する状況を見極め、被災者が何を放送して欲しいのかを
聞き取る必要性を痛感したといいます。

新宮・田辺の単独放送は
この苦い経験をけして無駄にせず、
いつもの笑顔と声で「紀南はひとつ」を体現し、
命を守る放送を目指して、来年もお送りします。

ことしもおつきあい有難うございました!
また来年、1月最終土曜日にお会いしましょう!!

良いお年をお迎え下さい。
【関連する記事】
posted by やりこむブログ at 19:59| 和歌山 ☀| Comment(0) | スタジオ風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。